上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、しみちょこです。


この度、がまかつ社より「がま磯マスターモデル2」が発売されました。
10年ぶりのモデルチェンジ。

news_image.jpg

画期的素材「トレカT1100G」の採用
極胴調子
覚醒・・・


つつつつつ使ってみたい!!!


とゆーことで、串本大島で開催されましたがまかつ社の実釣会に参加させて頂きました。


須江地区より出船の浜勝渡船さんにお世話になり、「ナギザキ」という磯に渡礁。
そして、そして、がまかつフィールドテスターの五嶌一喜氏にも同行頂きました。
(左側はスタッフのかめちむです。

IMG_9743.jpg

早速、マスターモデル2口太M53に仕掛けを組んでいきますが・・・

IMG_2043.jpg

かかかかっこいい!!
こんなのはじめて!!

トーナメントとの色の相性も○ですネ!


前日にも釣行されていた五嶌テスターより、
「グレは厳しいから、両型イサキを狙おう」との提案があり
竿1本半のタナでイサキを狙うことにしました。

IMG_0140_20171012170429c30.jpg


序盤は少々苦戦しましたが
五嶌テスターのアドバイスを受けると・・・

IMG_9764.jpg

IMG_1377.jpg

IMG_7324.jpg

ボコボコと両型イサキを量産!!

テスターさんてスゴイ!と痛感いたしました。
(丁寧で楽しいご指導、ありがとうございました!

IMG_8879.jpg

IMG_3108.jpg

IMG_1337.jpg

磯釣り初心者のかめちむもイサキ連発!
型は30~40弱のヨダレ物です・・・

最終的にはキーパーバッカンが満タンに。

IMG_3790.jpg

グレの顔を拝むことはできませんでしたが、秋磯を満喫させてもらうことができました。



さて、マスターモデル2口太を使用しての感想ですが、
とにかく釣りが楽しい竿に感じました。

釣り上げた魚はブダイの40アップまでで、
マスターモデル2の試釣には少々役不足でした。
それでも、ヒットから一気に元上まで曲がりこむ調子は爽快です。

もちろん、曲がりっぱなしでパワーがないという訳ではなく
曲がりこんだ状態から竿を起こす、リーリングが楽にできました。
この辺りはT1100Gの恩恵でしょうか?

IMG_3631.jpg


口太Mはシリーズ最軟調の1号クラスのロッドですが、
パワーがない・魚が浮かない感覚は一切なく、
ブダイ(大)程度では、余裕のよっちゃんでした。

また、印象的であったのが、フッキング後のハリ外れが0であったこと。
薄皮1枚でハリ掛かりしたイサキを全て取り込むことができました。
「極胴調子」により衝撃を竿全体で吸収、
フックポイント・ハリスを労わっているイメージです。


曲げこんで、魚を釣る。

魚釣りの楽しさの本質を捉えた竿ではないでしょうか。



メバルの電気ウキで使ってみたいなー笑
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。