marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。






ここのところ岸黒ゲーム(ガンクロ)ばっかり行っている森です。


いやぁ~

岸黒ゲーム、難しいです


確かに、岸黒ゲームは他の釣りとは比べ物にならないぐらい手軽に始められる釣りですが、“チヌ”を食わすには、道具と知恵とタイミングが重要ですね。

それでこそルアーゲームですよ
難しいほどウキウキする人にとっては、やりごたえのある釣りですよ




ということで、本日は、道具と知恵とタイミングの中でも、「タイミング」、に関わる情報について考案者の松村船長からいただいた情報をみなさまへ大公開!


■黒鯛(チヌ)の基本知識


黒鯛(チヌ)は岸壁に付着する、貝類、カニ、エビ、あるいは虫類などのベイトを求めて堤防に接岸します。季節によってさらに堤防周辺のゴロタ石、テトラ、ケーソンなどの間は黒鯛(チヌ)の身を寄せる隠れ家でもあり、格好の住家でもあります。自然の条件は「潮回り」「天候」「風向き」「濁り」「堤防の立地条件」などさまざまな要素が複雑に絡み合っています。




■岸黒ゲームでの潮周り


岸壁クロダイゲームの場合の黒鯛(チヌ)は、特にどの潮回りが良いということはない。それよりも潮位や潮時のほうが食いに関係します。
基本は潮位が高い時に岸壁際に寄ってきて浮いてきます。
潮位が低く、岸壁のベイトが水面より上に出ているような場合、黒鯛(チヌ)は浮かずに岸壁際から離れるか、底近くに移動してしまいます。やはり満潮から下げが狙い目です。




■岸黒ゲームでの潮色(濁り)


黒鯛(チヌ)を釣るには濁りは欠かせません。
濁っている方が魚の警戒心も薄れて、より頻繁にアタックしてきます。




■岸黒ゲームでの波っ気


波には沖からのうねりのものと、風によるものがあります。
どちらも海水を攪拌して濁りを生む要因です。岸壁クロダイゲームには好条件です。
ただし、強すぎる波はアタリもとりにくくなるし、身の危険にも繋がりますので、表面が多少波立っている程度がベストです。




■岸黒ゲームでの風向き


風も濁りを生む要因で重要です。
特に向きが大切、基本は堤防に風が当っている面を狙うのが定石ですが、厳寒期や春の水温変化に敏感な時期はこれに当てはまりません。




■岸黒ゲームでの天候(影)


曇天がベスト!小雨時はさらに警戒心が薄れる。
逆に天気の良い日は堤防際に影ができて明暗がハッキリできます。
影面を狙うのもこの釣りの定石です。




■岸黒ゲームでの時間帯


朝・夕まずめは無条件に釣りのチャンス!
まずめ時に潮位の条件が重なれば、さらにチャンス拡大です!




■岸黒ゲームでの狙い場所


堤防の変化があるところはポイントになります。
ケーソンであれば継ぎ目や、潮の当たる場所、風の当たる場所、影が出きる場所など、他にも壁際のベイトが良く付着している場所など目にはみえないものでも底の変化のある部分や細かな変化を見つけることが大切です。





ふむふむ。

これらの情報をもとに、興味のある方は岸黒ゲーム、気軽に始めてみてくださいネ。

森は、もうすこしチヌ釣れるよう、さらに釣行回数を重ねて鍛え上げていきたいと思います





    


ガンクロに必要な情報まとめました!click!


  


▼ポチッと願いします

にほんブログ村 釣りブログへ








スポンサーサイト
Secret