marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。






先週の反省を活かし、
さらなるイカメタル技術を会得するために
再度、鳥取へ行ってまいりました!

鳥取イカメタル
↑前回の釣果は22ハイ。


その前に一度釣行した際は16パイだったので、
今回の22ハイはまぁまぁ納得の釣果だったのですが・・・・


船長の
「まだまだ全然よ。鳥取のポテンシャルはもっとスゴイよ」
のあの一言を聞き、
私もまだまだだと心を引き締め直しました


上手な人は40パイ以上釣られてましたので、
そりゃ22ハイじゃ全然ダメ!


ダメダメ!!


もっと向上せねば


本釣行での目標は数だっ


本日もお世話になったのは久幸丸さん。
イカメタル

▼久幸丸さんのHP
http://kyuukoumaru.com/

▼釣果ブログ
http://ameblo.jp/kyuukoumaru/


0時出船!

前回と同じタックルで開始!
狙い方は基本に忠実に!

狙いのレンジに鉛スッテを『落として』『誘い』『ストップ』


・ ・ ・ ・



ぬぬぬっ


この間のように簡単にはヒットしません。

レンジを探りまくるよりも、
まずは1匹を狙って45m~55mあたりを中心に探ります。
(55mぐらいが底)


今日は前回と違い、潮の流れが早く
20号程度ではスッテが流されてしまいます。

船長曰く「40号でもいいよ」とのこと。
今回の私のタックルでは30号がギリギリなので、
40号だとまた違ったタックルが必要になってきます。

20号で良い日もあれば、
40号が必要な日もあるんですね。
今回は30号に変更。


今日は前回ほどバコバコっと釣れる感じではなかったので
底の方でゆる~くしゃくって止める時間を長めに取ると、


ヌンッと重たくなるアタリ。

なかなか重たい引きで上がってきたのは、

イカメタル


おぉぉ!いきなりいいサイズ
40cm級です


出だしは少しスローでしたが、
周りでもポツポツと上がりだします。

イカメタル

イカメタル
クラッシャー川口氏の1パイ目は小さかった!
このサイズのアタリをとるのは逆に難しかったです!→フォロー


この日は明らかにタナによってサイズが違う日。

しっかり底を狙うと、デカイカ(大剣)、
底から10m以上上げて釣れると中~小型のイカになります。



底ばかりを狙うと明らかにデカイ

イカメタル


アクションは激しく誘った後、
(スッテを底に置いたまま、スッテの頭だけが上下するイメージ)
ピタッと数秒止めたあとに、す~~っと上げて
ゆっくり降ろすと乗るパターンが(私は)多かったです。

イカメタル
デカイカばっかり
引きもかなり重たく、イイ感じです。


スッテが底にある場合、思ったほど動いていないので
バシバシシャクってもよいのではないかと思います。

イカメタル
コツをつかんだクラッシャーも最後には大剣をゲット

AM5時終了。

多い人はやはり40~50パイ。
わたくし16パイ・・・・・・


目標である数はいまいちでしたが
胴長40cmクラスが7ハイ、
残りは小さくても25cm~35cmクラスだったので
こっそりとかなり満足しております


この季節の大剣は、産卵前で
集まっている個体だそうで、
数匹抱卵していました。

この時期だからこそいただける卵を
ありがたく頂戴いたしました


イカメタル

イカメタル

イカメタル

写真にはありませんが、
1日ほどめんつゆ漬けにして
炙るのもかなりイケます。


皆さまもぜひこの季節のイカメタル、
挑戦してみてくださいね♪

鉛スッテは20~30号をご用意ください!
タックルが許容範囲の場合は、
30~40号も持っていくと安心ですよ





▼ポチッと願いします
にほんブログ村 釣りブログへ







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/518-b3925195