こんにちは。
最近、冷凍食品ばかりつめた弁当は飽きてきた、はっとり君です。

サバが釣れたとの情報を聞き、
「おお、やっとサバの群れが今年も入ってきたか?」
とわくわくしながら、いつもの 魚英 さんへ出撃。
info_pict_002b[1]



天候は晴れで波は穏やか。
絶好の遊覧・・・いやジギング日和です。
DSC_0092_201607030403150b9.jpg



ですが・・・
結果から申しますと、サバ釣れませんでしたー  (T_T)
釣れたのは、ぐうぜんジグにかかっていたキス一匹だけです。

というか、サバは船全体で三匹しか上がってませんし。
少し・・・見誤ったか?

「まぁ、はしりの時期はこんなもんだよねー♪」
と、なんとか焦る気持ちを抑えながら一生懸命ジグをしゃくりました。

もう、後が無い。
わずかな時間だけ残されたタコタイムにすべてをかけるしか・・・
悲壮な覚悟でタコ釣りのセッティングを始めます。



結果から申しますと。

上出来でしたー!
DSC_0094.jpg

(持って帰ってからの写真ですいません。
 だって、写真撮る時間が惜しかったんです。
 タコが網から脱走しようとしてたし。)

短時間ではありましたが、十匹ぐらいは取れました。

ああ、よかった。
手柄を何も無しで帰ることにならなくて。

そんなこんなで、ジギングではなく、
筋トレ&タコ釣りでした。


考察タイム

一時期、真子ばかりがあふれてタコが釣れにくかったですが、
ある程度育ってきたのか、そこそこのサイズが上がってきました。

最初使ったのは、タコテンヤ50号にタコの恋人(バケツブルー)でした。
アシスト工房DSC_0093.jpg

いや、これがなかなかのもので、ぬーんとタコがよく乗ってくるんです。
生エサ並みにタコの反応はすごいです。

「わかる。 僕にもわかるぞっ! 今タコが乗っている。 そこだっ!?」
・・・・・
バレましたー

ただ、テンヤの種類にもよると思いますが、どうもかかりが悪い。

そこで、タコ餌木に変更。
いまトレンドの餌木二個付けです。
DSC_0096.jpg
墨族
蛸墨族の25グラム。
カラーは定番イエロータイガーとオリカラの菜の花です。

いやー、やっぱり黄色は抜群に効きますねー。しかもダブル黄色。
みなさん、だまされたと思って黄色を買ってください。
ほかのカラーとは何故か違う釣果を叩き出してくれます。

おっと。

気づかれましたか? そんなあなたはお目が高い!
写真をご覧ください。
上のタコ餌木の針が多くないですか?


そうです、ちょっと改造しています。

手作りタコテンヤ用の別売りカンナがあるのですが、
それを餌木の背中にネジでグリグリと留め、
さらにタコの強烈な抵抗にも耐えれるように、針金で固定しています。
こんな感じ。
DSC_0099.jpg

単純に、「針の数を増やせばタコのかかりが良くなるやろ?」
的な考えで作ってみたのですが、

想像以上に乗りますよ。マジで

今回はこのセッティングにずいぶんと助けられました。
なんでもやってみるもんですね。


皆さん、タコ釣りは面白くないなどと思っていませんか?
意外や意外、奥が深くいろいろやってみる事のできる楽しい釣りですよ。
タコ釣りはこれからが最盛期。
一度体験してみてはいかがでしようか。

ではまた、にんにん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/517-800e2ec2