WEBスタッフ大垣です。

今回は明石へタイラバをやりに行ってきました。

お世話になったのは釣船 魚英 さんです。

が降るかどうかという天気での出船でしたが、なんとかもってくれそうです。

DSC_0067.jpg

それでも視界は悪く、湿度100%かという状況。

まずは、明石大橋東の海域から。
相変わらず難しい明石でのタイラバの釣りですが、あたりません。
同船者が何とか一枚あげましたが、厳しい状態です。

ちなみにガシラやアコウは釣れましたので、根魚の反応は良い感じです。

ここでわかったのは、ケイムラのネクタイに反応してくるということ。

次に大橋の西の海域へ。
どうしてもあたりません。
もう、無心で巻き続けるしかありません。
タイラバを落としている間に、眠ってしまうほどです。
案の定、着底をとらえきれず、根がかりして切れました・・・

ですが!
信じて巻き続ければやってくるのです、感動の瞬間が!

着底から5回巻きで、コツコツコツというタイ独特のあたりが。
ここは焦らず、じっくり外れないことを願いながら巻き続けます。
電撃アワセをかまして幾度となく失敗していますので。
そして

DSC_0073.jpg

(あとでとった写真ですみません)
35センチでしたが、立派な明石鯛です。

ヒットルアーは

4525807102383[1]

ビンビン玉スライド
あ、鉛式ではなくてTGのヘッドのほうを使いました
あと、タイの口に入ってたんですが

DSC_0071.jpg

食べてるエサは、甲殻類の模様。

実をいうとタイラバで鯛を釣ったことはあるにはあるのですが、
ここ明石で釣ったことは初めて!
記念すべき明石鯛の一匹目です。
バンザーイ!!

おいしく頂きました。
いや本当。文句なしにおいしいので。
明石鯛。本当に皆さんも釣って食べてみてください。



※今回から釣りを振り返ってデータをまとめてみることにしました。

天候 くもり 中潮 風なし
ヒットタイラバの色
明石大橋東の海域→ケイムラ・ホワイト等のネクタイ
      西の海域→クリアーオレンジのラメ入りネクタイ
ネクタイの色で明確にアタリの差が出た
スカートはむしろ必要ないのではという感じ
ヘッドは特に何でもよさそう
TG素材の方が巻き抵抗が少なくて当たりが取りやすかった
リールの巻き速度は
ハンドル一回転66センチのリールで一秒に二回転ぐらいの速さ
もっと早く巻いてもいいのでは?
着底から10巻程度でほとんどアタリがでる
たぶん食べてるのがカニとかだから?
ちなみに
私がヒットしたタイラバは、これです。

DSC_0070.jpg

ビンビン玉スライド60グラム
スカート外して
ネクタイをクリアーオレンジのラメ入りのやつに付け替え

という考察でした。

皆さんの釣行時の参考になればうれしいです。

ではまた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/505-cde74588