上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。







釣り人の皆様、『友が島』と呼ばれる島をご存知でしょうか?

tomogashima.png
友ヶ島(ともがしま)は、和歌山県和歌山市加太に属し、
紀淡海峡(友ヶ島水道)に浮かぶ無人島群。
神島、地の島、沖ノ島、虎島の四島を合わせた総称。




『加太漁港の沖』というイメージだけで、
あれもこれも釣れそうなイメージ・・

今回はそんあな友が島に釣行してまいりました!


季節はすっかりですから、
色々なものが釣れる季節です

いまが旬の青物か、アオリイカか、
激ハマリしているアジングをするか、
はたまた、友が島といえばチヌ?らしく、チヌ狙いもありかしらと
浮気心がかなり揺れ動きます。

とりあえず、なんでも可能なエギングタックル1本と、
アジングタックル2本の計3本を持って、AM4時に集合場所へ。

本日のメンバーは、我らがクラッシャー川口氏と
船ジギにはまりだしたシーバス&ショアジギンガーH氏と私の3名。


朝マヅメ前には、加太漁港に到着し
友が島に渡る前に爆釣しちゃおうプラン

1時間近く寝坊で遅れてきた川口氏に早速、クラッシュされました・・・
さすが、あなどれん・・・・・



そのため加太漁港へ着いたのは、6時半スギ。

集合場所である大阪住吉区からは約1時間ちょっとで行けます。

友が島

加太漁港では清掃代として200円を支払い、中へ入ります。

さすがに多くの釣り人がいらっしゃいましたが、
友が島

なんだろう・・・すでに終了した雰囲気がムンムン・・・

友が島

外向きもびっくりするほど静かです・・・

9時発の友が島行きの船に乗れるよう、
釣りは8時30分までと決めて、
クラッシャー川口はエギング、
H氏はショアジギ、私は内向きでアジングと
各自が違う釣りで調査を開始。

周りの人の様子を見つつ狙いますが、
う~~~ん。。。
な~~~~~~んにもありません。


あっという間に時間は過ぎて、8時半。
友が島の汽船乗り場へ向かいます。

加太漁港から車で1、2分のところに駐車場があり、
ここへ車を止めるのに700円(名目は清掃費です)。
ここから汽船のチケットを買いに行きますが・・・・


友が島
(え!めっちゃ人

びっくりする人の量でした

船にはもちろん乗ることはできず、
次の11時の便の予約券をゲットするのがやっとのこと・・・
かなり油断してました。。
どうやら、土日は案外混むみたいですね。。

友が島
(汽船の時刻表)


2時間も余裕ができてしまったので、
近くの漁港で、ルアーを投げて遊びます。
(釣りというか時間つぶし)

この時、内向きにイワシがかなり入ってきている
のを発見したH氏は、イワシと完全同化しているカラー&サイズの
静ヘッド + マーズR32(ライブキビナゴ)
で、底まで落として適当なアクション&ストップを入れていると


ゆる~~~~いヒット
モワンモワンという引きが、魚なのかなんなのかわからなかったのですが、
ランディングしてみると、なんとまぁヒラメじゃありませんか

友が島
(しかも35cm前後の、なかなかのイイサイズ

近くにいた駐車場の管理人の方が
「こんなん1年に1回ぐらいしか釣れへんで~~~」
とおっしゃってました。ほぉぉ~・・奇跡

その後は全く反応なし。
サビキをされている方だけ、たくさんイワシ釣られていました。




私たちも適当に釣りを切り上げ、
荷物を必要最小限に整理します。

友が島汽船は、1人1つの荷物が無料で、
それ以上になると、有料になります。

釣やキャンプをするときは、荷物が多くなりがちですが、
できるだけ1つにまとめるように頑張りましょう。

11時の予約券を持つ私たちは、10時に乗り場へ集合。
支払いをして、本券をゲットし、
友が島
(これがチケットだそうです)

ここからさらに45分待ち。。

そして11時前、やっとのことで出船
友が島

船もまぁまぁいっぱいです。
友が島
個人的には意外でしたが、
ほとんどが観光の方ばかりでした。


地島を過ぎ、沖ノ島へ・・・・
友が島


20分程度で、沖ノ島の桟橋へ到着!
友が島

友が島



観光客のみなさんが離れてから桟橋をよく見てみると、
友が島
めっちゃイカ墨~~~~~~


雰囲気はムンムン。
友が島

張り切ってエギを投げますが・・・・反応なし。
ド干潮だからかしら・・・
今のうちに他のポイントも見ておきましょうと、移動。


当然ながら、電車も、バスも、自転車も走っていません。
観光客の方はたくさんいるのですが、
やはり無人島の雰囲気があります。

友が島
道のりはこんな感じ。

友が島
海側から桟橋を望む。

友が島
ハンモックこれはうらやましい

友が島
友が島にある「海の家(うみのや)」さん。
宿泊も可能みたいです。

友が島
まるで「ラピュタの世界だ」と言われる世界観を
少しだけ体感して、海へ直行


池尻浜に到着!


友が島
岩ゴロゴロ!チヌがいそうですね。

友が島
崩れた第二砲台跡の雰囲気がすごいです。

友が島
第二砲台跡のレンガのかけらが海際に落ちています。


ここで釣りをすることに。

スタートする間もなく、川口氏がひつこく「ラピュタ見に行きたい」
というので、私は断固お断り(笑)し、H氏が一緒に行くことに。



足場を決め、タックルをセットしたら、
ひとりで釣り開始!

友が島

観光に行ったことを後悔させてやるぞぉ~


最初はエギングにチャレンジしましたが、
岸から15mぐらいは浅場で岩場が多いためやりづらく、
アジングに変更。

1.2gのジグヘッドスクリューテールグラブを投げていると、
ゴン!ゴン!とアタリがあります。

アタリはあるが、なかなか乗らないので、
ロッドを立てたり、ジグヘッドやワームを小さくしたりして
色々工夫していると、やっと乗りました!

正体は、

友が島

友が島

友が島

磯ベラの連発

アジングタックルなので、アタリはめちゃくちゃ楽しいです

でも・・・・・ベラ・・・・・・これじゃ自慢できない・・・・・・

その後もベラアタリは続くが乗らないという状態が続き・・・・・



1時間程度で2人は帰ってきました。。。

「観光行って良かった」と思わせてしまった
自分のふがいなさに _| ̄|○ガックリ・・・・・・




返ってきた、H氏ショアジギ
友が島

川口氏はエギング
友が島


に分かれて、釣果を求めて釣りを再開。
最終の船の時間までの残り約1時間。

1時間後、終了し集合してみると、
川口氏の右腕が不自然に体の後ろに回っています・・・
ニヤニヤしてるし・・・・

「釣れましたか」と聞くと

ジャ~~~~~~~~~~~~~~~~ン!

友が島

終了間際になんとか1パイゲット

2.5号を流しながら釣ったそうで、技ありですな。。。。
くぅぅうらやましい・・・


アジングの私とショアジギのH氏に釣果はナシ。。


時間はちょうど満潮間際。
水位もあがり、まさに今から!というところですが、
最終の船は16時半です。。。。。帰るしかありません。。


釣果少ないとはいえ、アオリイカ、ヒラメを
釣りあげ、さらに観光まで楽しんだ2人と比べ、
私なんて、ベラ3匹・・・・・


とぼとぼ歩いていると、目に飛び込んできたのは

友が島

お湯・・もう入れてあるんや・・・・・

プッ・・・




16時に桟橋へ戻り、16時半に帰りの船は出船。
せっかくの無人島での楽しい釣行だったのですが・・・・

友が島
なんだか切ない・・・


この後、釣りをしたい欲望を抑えキャンプ場へ。
釣ったヒラメとアオリイカは晩御飯に。

続きはキャンプ編として、
クラッシャー川口のアウトドアブログにてお楽しみください。


まぁ、初めての友が島釣行ですから
貧果なのも仕方がないとしましょう。。。٩(๑`ε´๑)۶ムキーッ


今日、改めて学んだことは
浮気心はご法度!

やっぱり釣りたいものを1本に絞って
ちゃんと狙っていかないと
良い釣果には出会えません。

1本に絞っていると、それが釣れなければ
ルアーを変え、アクションを変え、場所を変えて、
その結果、良い釣果が生まれるんですよ。。

ロッドを持ち変えるのは間違いです!!


わかってるのについついねぇ~・・・
アオリイカ狙いでしたが、アジングがしたかったんですよ。


さて、友が島について知ったことは、
●土日祝は船が混むので早めにチケットを取ること
●一番いいのは、泊りで朝マヅメを釣る(泊まらないと朝マヅメは狙えません)
●友が島に食べ物を買えるところはありません。
●自販機は桟橋近くのものだけ。水も自販機のみ。
●天気が悪いと船が出ませんので、念のための準備はお忘れなく。
(実際、私たちが帰った翌日は、爆風で欠航していました。)





▼ポチッと願いします
にほんブログ村 釣りブログへ

防寒
2015年最新の防寒着も、40%OFF開始!お早目に♪


エギング
↑先日淡路島では2ハイ釣れました。
 エギングも終盤。友が島より淡路島の方が良いかも!?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/491-a9b073a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。