2015.08.16
朝5時

まだ生温かい風を頬に受け、朝焼けの湾岸を車で快走し
これから起こる至極の時間を想像しながら
夢の出発地へと向かう

今回のターゲット『 黒鯛 』
いぶし銀の魚体に精悍な顔つき、釣人の憧れでもある

小学生時代にルアーより先にチヌ釣りにハマり
三重、日本海、鳴門などの筏にも足を向けた
とりわけ落とし込みは近場で釣れ、お金が掛からないということもあり
自分で仕掛けを作成しては休日に海に出かけた

しかしどうだ、最近は鯛カブラやジギングにハマり、食べておいしい魚ばかり狙っているではないか
ゲームフィッシングではなく、いわば『 漁 』に偏った自分を修正すべく
いつもとは違った気持ちで船に乗り込んだ

今回お世話になったのは、神戸港から出船の貸切釣り船 『 まっつん 』
ボートからのチヌを得意とする新鋭の釣り船
s-KIMG0313.jpg


タックルは専用ロッドを持っていないのでエギングタックルを代用

■スピニング
 【 ロッド 】 ブリーデン スペシメン86ティップトップ
 【 リール】 07 ステラ 2500HG
 【 ライン 】 PE0.8号+リーダー14LB

■ベイト
 【 ロッド 】 アズーロ ディアベル ソリッドモデル 62
 【 リール】 アルデバランMg
 【 ライン 】 フロロ 12LB

40分ほど船を走らせ、外海に面したストラクチャーで
船足を緩めた
潮色はかなりクリアで2mくらいまで透けて見える
魚の警戒心が強くなかなかきびしそうな状況だと即座に判断し
まずは魚の反応を確かめるべくイガイ団子で開始。
s-KIMG0312.jpg


偏光サングラス越しに見える水中にも黒鯛の姿はチラホラのみ
潮も動いておらず活性が低い

ストラクチャーから少し距離を置き、プレッシャーを与えないように
ロングキャストで狙い撃つ
数回のキャストでようやく狙い通りのピンポイントにエサを送り込むと


『 コッ !』

明確ではあったが、1嚙みのみ
その後もエサが砕かれているがアタリすら感じられない超ショートバイトばかり
1時間ほどしてようやく1匹掛けれたものの厳しい状況が続く

ポイントを神戸空港周辺に移したが、状況はさほど変わらず
魚影は無数に見えるが反応する個体はほんの一握り

ここでタックルをスピニングからベイトフィネスに変更
よりピンを狙い反射的に口を使わせる作戦に

オーバーハングの下に滑り込ませると予想通り一発でヒット
浅棚+近距離ということもあり、強烈な引きをみせて上がってきたのは47cm
s-o0480036013393043253.jpg


その後は湾奥にポイントを移し、2時間ほどキビレに癒されて
ラストは真チヌ狙い
s-KIMG0310_20150816174856c21.jpg

台船周りを丹念に撃っていくと、無数のチヌの中から1匹エサに付いてゆっくり
沈んでいく
水面付近のラインの動きに集中していると、一瞬ふけたラインが弾かれたように動いた
その刹那、脳が反応するよりも早くロッドを握っていた手が渾身の合わせを決めていた
s-o0480036013393043290.jpg

これが条件反射というものであろうか

目視できた魚体は明らかに年なしクラスであったため、強引に手前に寄せてからのやり取り
数回の攻防を凌ぎ、ネットに入ったのは真っ黒に日焼けした居着きの個体
s-o0480036013393043322.jpg

メジャーで計測すると、中学生以来の自己記録を1cm更新する53cm
s-o0480036013393043397.jpg

簡単ではなかったが、このサイズが常に狙える状況にあらためて船長と
神戸港の魚影の濃さに感謝した

港への帰り道、船長から
『 最後にここの黒鯛を狙ってみて下さい 』
と、ポイントにゆっくり近づくと、無数の魚影がストラクチャーに身を寄せているではありませんか

その異様な光景に、学生の頃『 黒鯛 』を追い求めていた気持ちと興奮が
一気に交錯し、釣りに一番大切な平常心を覆い尽くしてしまいました

キャストはポイントから逸れ、落ち着いた時には
魚影は蜘蛛の子を散らすようにすべて消え去っていました


家路につく車の中、村田 基氏のキャストに憧れ練習していた頃ぶりに
自分のキャストの未熟さへの苛立ちと
『上手くなりたい』という気持ちで、再戦を誓いました





つーか

めっさオモロイ

ご予約は
貸切釣り船 『 まっつん 』
予約:080-6125-5698


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/489-7f00cd25