2014.09.12 明石沖に散る
こんにちわ、最近釣りの回数が徐々に戻ってきている拳王です

(最盛期の10分の1程度ですが・・・)

今回はマイホームグラウンド

『AKASHI』へ


定期調査のため垂水漁港から出船のジギング船『利弥丸』でジギング釣行。

朝5時半、寝坊せずになんとか港に到着~

遅刻せずにここに居るだけで今日の釣果は半分約束されたようなもの

激コワオモテの大窪船長にあいさつをし、いざ出発!
s-IMG_0005.jpg

やはりシーズン真っ只中ということもあり、平日にも関わらずほぼ満船状態

まずは秋のツバス、ハマチの数釣りで橋を超え一路西へ
s-0009.jpg

秋のハマチはコウナゴ(イカナゴの親)を捕食し、脂がたっぷり乗っているので

常連さんはブリよりもハマチ狙いが本命

20~30m付近の浅場を【 アズーロ 】 ブリスクメタル 120g でボトムからあまり離さず探ります

反応なし!移動

反応なし!移動

反応なし!移動





わぉ!もう10時だよ

あまりの反応の無さに船長もアッチへコッチへハマチの反応を求めて移動を繰り返し

で、ようやく同船者が1匹ゲットしたのが30cmほどのツバス通称『モジャコ』


これを見て船長も
『一発大物でもいこか~』


と明石大橋まで戻ろうと舵を取ったがその先には真っ黒な雷雲が・・・

s-Screenshot_2014-09-11-09-34-05.jpg
こんな感じ


神戸方面は真っ暗で何も見えなくなっており、風波も出てきて

やばくなってきたら終了しようという流れで釣り開始


激流ポイントで根掛りにビビりながら【アズーロ】 ルンゴ270g アカキンで果敢に攻めるも不発

ならばと明石のミニクダコ、超難関激流ポイントで玉砕覚悟で【アズーロ】ブリスクメタル 150g グロー背オレンジで

ジグをできるだけ軽くし、アクション重視で活性の上がり切らない魚を反応させようという作戦



1流し目、

駆け上がりに差し掛かったタイミングで、4シャクリ目に食い上げるようにヒット!

はじめはハマチ大クラスか?と思うような引きでしたが、いきなりバットまで絞り込まれ勢いよくドラグが滑り

スプールを手で押さえながらのファイト。2,3回の攻防の末、止められず荒い根にリーダーを擦られ


しゅ~りょ~
img_772523_36045615_2.jpg

明石でPE2号なら切られる恐れは無いだろうと舐めた考えをしていたバチが当たりました

結局、同じタイミングでヒットさせた同船者がブリをゲットしましたが一瞬のチャンスのみでした

あれがブリならそうとうな・・・

久々の敗北感を味わいながら帰港となりました

同じような状況はウェブ動画サイト 『マッシモTV』で釣れていますのでぜひご覧ください
人気動画サイト『マッシモTV』


★★★新製品レポート★★★
s-KIMG0061.jpg
ジャッカル アンチョビミサイルターボ

発売前に使わせて頂きましたが、太刀魚専用ジグになっていますが

ワインド級の超キレのあるダート


と『ターボ』になり、フォールが早くなったのでジグの代わりとしても使用できそうです
明石のイカナゴパターンのシークレットとして流行りそうな予感・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/473-305e3e23