こんにちわ



最近釣りの神様から嫌われつつある拳王です



今年、鯛カブラでかなりの好釣果をだしている明石へ友人のプレジャーボートで出撃してまいりました
s-NCM_0524.jpg


今回は昼過ぎからの夕方までの勝負!
ポイントが20m前後ということもあり、大好きな『キャンスティングカブラ』で天然の明石鯛のゲットをもくろみます
s-NCM_0526.jpg

ポイントに着いて1投目

『クニャ』???

エギングロッドでのキャストでしたので、2ピースの穂先が抜けたかな?と思いましたが、なんか違和感が・・・

よく見ると継ぎ目でポッキリ折れています

今まで私の右腕として酷使してきたのが祟ったのか

はたまたホントに釣りの神に見放されたのか

なんとか友人の竿を借りて釣り開始


s-紅牙
カブラは【 ダイワ 紅牙 30g 】をチョイスし潮上に向かってキャスト。


ゆっくりリトリーブしながら20回ほどで再度フォール


数投で30cmクラスの美形をゲット
s-NCM_0525.jpg



潮の重みが感じられるポイントではコンスタントにアタリが出て


終わってみれば7枚と明石ではかなりの好釣果でした
s-NCM_0527.jpg


このキャスティングカブラ

バーチカルに比べて横方向に動く為、鯛が追いやすいのかアタリがなが~く続きます

また、ロッドの長さを生かしバラしもかなり軽減できます

誘導式のカブラなら、キャスト後、フリーフォールでオモリとパーツがより離れやすく、ラインスラッグを取る時にバイトが出
る事も。更に根掛かりもしにくくなります

落として巻くだけの単調な鯛カブラから、キャスト→リトリーブ→キャストとアングラー自身が探っていく、攻めの釣りで面白さ倍増!

出来るシュチエーションは限られてきますが、ぜひ試してみて下さい

キャストは慎重にね!


↓今回の力作
s-NCM_0532.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/469-aa549f70