1月25日に日本海ジギングへ行ってきました。
メンバーは私大垣とクラッシャー川口です。
IMG_20140125_071721_707.jpg

DSCF1170.jpg

今回お世話になったのはワープゾーン。二人共初めて乗る船なのでドキドキです。

この日は天気も良く、気温は3月並みで現地に着いてみると雪はまったく無く、山の上に白く見える程度。
最高のコンディションでした。
DSCF1172.jpg

事前情報ではハマチがたくさん釣れているとのことだったので、数釣りができたらいいなぁと思いワクワクで乗船します。
波も穏やかでさわやかな風がながれてゆきます。
まず、40-50mラインで狙います。
潮流はいつものフィールドの明石ほど流れていないのですが、船が流されていくためジグがどんどん流れていきます(泣)
前に流れていくときはいいのですが、船底に入っていく流れではもう… どうしたらいいやら 
前に投げてもすごい速度で真下に戻って来るので、なかなか思うようにシャクれませんでした。
結構感度はでているそうなのですが…
予想している感じとは違い
とても大釣りできそうな雰囲気ではありません。

後ろの人にヒットが出始め、ぼちぼちタイミングかなとは思った… のですが
反応無いぞ? どうした?
と、
ググッ!ついにやってきました。
おー、よう引く。これはいいサイズ! と思いきや
背中に掛かってました。どうりでよく引きます。小さいハマチ
同船者川口もなかなか上向きにならない中
鬼ジャークでしゃくり続けてなんとか、ハマチ二匹ゲット。
時間を見てみると既に12時を過ぎていました。
ふうー
ハマチを3匹釣るのにここまでかかるとは、予想外でした。
ただ、クラッシャー川口によると
「日本海は二時ぐらいからが本当の勝負やで」
だそうなので、まだまだこれからと思い… 
思ってたのですが…
この後、さらなる苦行が待っていようとは思いませんでした。

続いて、船は白石方面へ。
少し前にこの場所でブリが上がっていたそうなので、大物狙いだ! と気合を入れます。
「えー、80メートル。底に反応あるよ。」
と船長のアナウンス。
あら? 結構、深いんですね。
普段、明石でジギングしている私のとっては80メートル落としてシャクルのはかなり疲れます。
しばらくすると おお?
周りでは連発とはいかないまでも、ポツポツとメジロ、ハマチが上がっているようです。
ますますプレッシャー…
でも、なかなか私と川口にはヒットしません。
この後、100メートルを超える水深でのジギングが続きます。
IMG_20140125_084929_821.jpg

もう腕がおかしくなっています。腕がちょんぎれそうです。
あー 体力ないなぁ…
「お、ここ浅いで。90メートル(笑)」
はははっって…船長… 私はもうダメです 意識がもうろうと…
ダウン寸前
IMG_20140125_080812_938.jpg




「なんか来た!」ついに川口のさおにヒット!
IMG_20140125_230023_559.jpg
ふぐでした…

もうだめかとおもったのですが
急に竿が絞り込まれます。
グイーン!!これは来たやろ
IMG_20140125_144446_329.jpg
もう腕の力が無いのでおなかに竿当ててなんとかヨイショヨイショとハンドルを回します。
この竿の立て方だったらしんどいのは無理もないのですが、このときはまったく気づきませんでした
ついにネットイン
大垣メジロ
ようやく最低限お仕事はできたかんじです。
ヒットジグはブレイドのピンク180グラムでした。

もう腕が動かないので休憩

続いてやってまいりました。川口にも!流れに任せて、ジグを流してのヒットです。
川口メジロ
ヒラメタルの150アカキンでした。
ミヨシでひたすらしゃくり続けたかいがありました。
もはや修行僧の様相でしたので、報われたと思います。

私にとっての初めての日本海でしたが、思ったよりも過酷なジギングを体験しました。
それでも新しい場所でチャレンジするのは楽しいものなので、またチャレンジしたいと思います。
あと、長文読んでくださりありがとうございます。

終わりに、ジグのキャストの方法やシャクリかたを丁寧に教えてくださったワープゾーンの船長に感謝です。
皆さんも機会があったら日本海でのジギングを楽しんでみてください。
ではまた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/464-76d01ae6