もり
【▲にほんブログ村▲】


↑ポチッとクリックお願いします!!(戻ってきてね!)







もり



 こんにちは!
 もーりーこと、スタッフ森です。






先週の金曜日と昨日の水曜日、キビレを狙いに行ってきました

同じ魚種を、色んな状況下で狙うと、
色々と気付くことってありますよね~。

この2釣行で、そんな『釣りの醍醐味』を味わってきましたヨ。





-----------------


釣行日:4月1日(金) 20時~22時半
中潮(下げ約2分頃から~干潮間近まで)



本日のお題 「ルアーはチヌボンボン」



以前釣った、デカキビレのイメージそのままに、
デカキビレ対応のタックルをタックルを準備。


シーバスロッドの、76ULに
リールはPE1.2号、リーダー2号が付いた2500番リール。




ポイントについて、さっそくルアーを用意。

チヌボンボンに、ガルプのサンドワーム

チヌボンとサンドワーム



投げて着底、ゆっくり巻くだけ。

底から浮き上がらないことだけ気を付けて・・・




下げ2分スタートということもあり、さっそくヒット
したのは、クラッシャー川口氏。
キビレ




ぬおっ、前と比べて、キビレのサイズが・・・・小さい

前は釣れるの全部40cm前後でしたが、このキビレは20cmちょっと。。





続けて、ジャンガリアン木谷くんもヒット
キビレー

上手に写真を撮りましたので、大きく見えますが、
このキビレも30cmちょっとという感じ。




明らかに、釣れるキビレのサイズが変わってますね。
(そりゃ、季節がかなり違いますからね)






その後も、時合いなのか、ポコ、ポコと
20~30cmぐらいのキビレが釣れます。

キビレー!
(またも、木谷氏)





さらに、ダブルヒットーー

ダブルキビレ!






気持ちがいいほどよく反応してくれます。










しかし・・・・・・・・










私だけ・・・・・釣れない・・。





ルアーはみんな、完全に一緒。

きっと、釣りの腕もどんぐりの背くらべ程度の差。 
 あ、ごめん木谷君


私にも、アタリもそれなりにあるんですが ・・・ 釣れません。






となると、これは完全に タックルの差 でしょう!




川口さんと木谷くんが、どんなタックルかを聞いてみる。
すると、2人ともメバリングロッドにPE0.3号+リーダー4lb。



私は、UL(ウルトラライト仕様)ではあるものの、
シーバスロッドということで、使用可能なルアー重量が3~14g。

柔らか目とはいえ、メバルロッドに比べると当然固い。

3.5gのボンボンを使用し、20~30cmのキビレを
食わすのには少々強すぎのロッドか・・・。

きっと、気づいていないアタリもいっぱいあるのでしょう。。






さらにライン。

私のラインは、1.2号のPEにリーダー2号・・・・

本来のボンボンゲームなら、そんなに問題ないかもですが、
今回のサイズや食い気を見ると、これはちょっと太すぎか・・







と、そんなことを考えている間に、またも川口氏が

キビレ
(30cmちょいあるで~~)





ここで、ヤバイと思った私は、
お題である「ボンボン」をやめて、ジグヘッドへ変更!!




2gのジグヘッドなら、吸い込みも良くなるはず





ボンボンを投げる2人を横目に、ジグヘッドをひょい (。・ω・)σ ⌒*





さ、これでもらったな  






と思っていたのですが・・・・・

結局アタリはあるも乗らない・・・ 同じカヨ~






最終、木谷くんに3匹目を追加され、

キビレ!
(ボンボンですわ~)




22時半・・・・泣く泣く終了・・





やらかしちゃいましたよ・・・

まさかのひとりボウズ。。 




「守りに入ったタックル選定」の結果がこれ。

うぅ・・・泣く・・・ 自分が不甲斐ないよ・・。







この日、次回の釣行での挽回をひそかに誓ったのでした。。アイコン


そして、4月6日(水)のキビレ釣行に続く・・・・・・









▼ポチッと願いします♪
にほんブログ村 釣りブログへ



釣行の際は・・






パズデザインのレインウェアが40%OFFですよ~



バチ抜け第一報が聞こえました!これから、かな♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fishingmax.blog92.fc2.com/tb.php/352-832871d6