どうも、しみちょこです。
お久しぶりです

3月11・12日と高知県足摺岬まで遠征へ行ってまいりましたので
今回は少し真面目にその模様をお伝えいたします!

足摺岬までは神戸から約6時間
距離にしますと約400km。
一般的に四国最南端の地と知られます。

IMG_0333_201703171135379f6.jpg
IMG_3218.jpg

伊佐港より出船の中澤渡船さんにお世話になり
初日は一級磯ヨコバエに渡礁しました。

IMG_5526.jpg
IMG_6331.jpg

伊佐には渡船が3船あり、磯割が決められております。
さらに2名以上で磯の予約が可能なため、
初めてでも一級磯に渡ることができるのです。

足元を観察しますと磯際約2ヒロに
グレと思しき黒い影を確認。

アテンダーⅡ125-50にG2のウキを半遊動でセッティングし、
ウキ下2ヒロでスタート。

時期的に食い渋りを覚悟しておりましたが、
ウキが勢いよく美しい紺碧の海に消しこまれます。
上品な引きを味わい、藍色に光る本命をタモに収めました。
約30cmの尾長グレ。サイズは伊佐のアベレージ。
IMG_6523.jpg


もちろんお馴染の外道達も

IMG_5578.jpg
IMG_8203.jpg

同様の釣り方で同サイズの口太を追加し、好調を予感させますが
なんとこの魚が初日最後の本命に・・・

同行の山本氏はなんとか5匹をライブウェルに収めましたが、
潮が変わった11時以降はきっぱり反応が無くなってしまいました。

IMG_7775.jpg


やはり、釣れるときに釣るのがグレ釣りの鉄則ですね・・・


翌日に備え、足早に民宿「はやかわ」へ
前回食べた「スマの茶漬け」が忘れられず再訪しました。

IMG_2904.jpg
IMG_6888.jpg

(今回は出てこず。残念・・・
茶漬けを食べることが遠征の目的でといっても過言でないほどの絶品で、
私の記憶に残る「旅の味」なのです。

さて、2日目はカジヤバエという磯に渡りました。
なんと、この磯は「Michelin Green Guide Japon」で星2の評価を受けた
足摺岬のまん前という圧巻のロケーション!

IMG_3218.jpg

しばしその光景に目を奪われた後、
アテンダーⅡ175-53に前日と同じG2を半遊動で組み
足元に仕掛けを投入し、馴染んだウキを沈めつつ沖への緩い流れに乗せます。

海中のウキが不自然に動き、仕掛けを張ってみると
サイズ以上に良く引く30cmクラスの丸々とした口太でした。

IMG_4999.jpg


針を飲んでいたため、50cmほどウキ下を浅くし
同じコースをトレースしますが反応はありません。

仕掛けを戻し沈め気味に流すと、またもや同サイズの口太が!
1匹目と同様に綺麗なアタリがでません・・・難しい。

山本氏も同じタイミングで4ヒロの棚から本命を拾います。
新製品のファルシオン1-53を曲げ込みながら
楽しそうにファイトしていました!

IMG_2663.jpg


少しアタリが遠のいたタイミングでイケイケ仕掛けを投入!
(この辺りでは全遊動をイケイケと呼ぶそうです。たぶん
00のウキにハリス1.5ヒロ。針上30cmにG5を打ちます。

サラシの強さとは対照的に仕掛けの馴染みはよく、
心地よい感じにカラマン棒がウキを離れます。
潜る仕掛けを目で追っていくと、微妙な違和感が!
半信半疑でアワセを入れると、美しい弧を描くアテンダー。

IMG_6215.jpg


叩いてるからサンノジやなー

糸を出さずに乱暴なファイトで浮かせてきますと
なんと、グッドサイズの本命ではないですか!!

IMG_5653.jpg


「糸出せ!」
山本氏の怒号がとびます。

伊佐では貴重なイケイケの45cmを召喚!!

IMG_6926.jpg
IMG_9981.jpg


イケイケ仕掛けで数匹を追加しますが、
やはり11時を過ぎると反応がなくなり
最終釣果を4匹ずつとし、この遠征を終えることにしました。

IMG_5598_20170317120651ee6.jpg

やはり足摺は素晴らしいですね。

サイズや釣果を優先させると、他にもよい釣り場は沢山ありますが
ロケーションと時間がゆっくり流れる雰囲気は足摺の魅力です。


今回の使用タックルは
IMG_0654.jpg
ロッド:アテンダーⅡ125-50(初日)、同175-53(2日目)
リール:15トーナメント3000SH
山本氏は
ロッド:ファルシオン1-53
リール:15トーナメント競技
でした。


さてさて、次の記事ではがまかつ社新製品の「ファルシオン」を
同社の人気商品「アテンダーⅡ」や「グレ競技SP」との比較を交えつつ
インプレを山本氏にお願いしようと思います。

また、がまかつ好きの皆さんにお知らせがございます!
適度にご期待下さい!


つづく。
スポンサーサイト