サワディークラップ(こんにちわ)



釣り以外に何かと忙しく、今まで生きた中で一番釣りに行っていない期間が長かったので

少しは遠征に行こうということで

今回はタイの釣り堀に行ってきました~


タイといっても

×タイ= 鯛

 タイ= image_20130223154632.jpg


半年もほったらかしでいきなりこれですか・・・


ということで

バッツ 011
片道5時間のフライトでバンコクに到着

気温32度 かなり蒸し暑いです


釣り以外にもタイを一通り楽しもうということで超過密スケジュール


今回の目的地は『 フィッシングポンド パイロット111』

( なぜパイロットかというと、金持ちオーナーが飛行機のパイロットにあこがれているらしい )


送り迎え、食事、飲み物、ランディングなど丸一日つきっきりで世話してくれて

2人で5500バーツ(16000円くらい)

安いのか高いのかよくわからんがほとんどのタイ人が英語を話せないとなると

やはりガイドは必要


釣れる魚は

●バラマンディー(ほんまもんではない)

●チャドー(ジャイアントスネークヘッド)

●レッドテールキャット(ほんまもんではない)

●ベクー(ピラニアかと思った)

●ナイフフィッシュ(熱帯魚屋でよく見ます)

などなど



バンコク市内から車で約2時間、到着するとすぐに管理人らしきおっさんがエサを撒いてます。
バッツ 013
前情報によるとエサ撒きの時間が超フィーバータイムでそれ以外は全くダメと書いてあった

急いでタックルをセット。

とりあえず釣りたいということで


【 ティムコ 】プロップペッパー70をセット


記念すべきタイ釣行第1投目


したらば

バッツ 014
はい、釣れました(ちっさ!)


連発で


バッツ 026

まずまずサイズ

数匹釣って気持ちが落ち着いたところでチャドー(ジャイアントスネークヘッド)池へ移動。


こいつは破壊的な引きだということで


タックルはPE4号にリーダー50LB+20㎝ワイヤー


こちらの池も朝一フィーバー状態


んだども、初めての魚でパターンがなかなか掴めず大苦戦。


すると隣でガイドのサムサックさんがスプーンを水面にバチバチ叩きつけている

バッツ 016

これ、トラウトの管釣りをしている人なら解ると思いますが、超反則技!!


釣り堀はエサを撒くときにバチャバチャするので、水面をロッドやルアーで叩きまくると一気に活性が上がるんです

(でも日本でやると怒られますよ)


一応釣具屋店員ということもあり反則技をせず横目で見ながらあれこれルアーを投げる


苦労しましたが20分ほどでようやくヒット!


アンタレスのドラグが普通にズルズルと出ていく強烈なパワー

バッツ 018
バッツ 019
【 イマカツ 】モグラモスチャター モンスター+ジャバシャッド4.5インチ



その後も岸際を移動するボイルを追いかけながらポツポツと追加


ここで試したかったコレにチェンジ

バッツ 020

【 アズーロ 】 A-RIG ただ外すのが怖い・・・


1時間もするとボイルも落ち着きランチタイム


バッツ 003
ワカメか海苔かよくわからんスープ
なかなか辛いタイの料理
異常に辛い野菜の和えたもの

でもタイ料理の中ではまずまず美味しゅうございました

バッツ 024

ランチを食べながら池を見ていても予想通りにボイルも起こらず沈黙状態


ここは喰わせかリアクションの釣りだな



スピニングタックルに

【 フィッシュアロー フラッシュJ3インチ+スイングヘッド1.8g 】を結び

シェイクしながらフラッシングさせると予想通りバラが連発!

4投連続バイトで3匹ゲット!

こちらも引きは強烈でシーバスよりもトルクがある

通常ルアーに付いているフックなら簡単に曲げられるので交換した方がよいかも

それに歯が鋭いので16LBのリーダーもプチプチと切られる
1 004

【 エバーグリーン 】 フェイス87でジャークしてドン!
バッツ 015

飽きたので新たな魚を求めて池を移動


バッツ 025
スポテッドナイフフィッシュ


ガイドのサムサックさんも負けじと釣る

バッツ 017

バッツ 027
一瞬ピラニアかと思いましたが・・


昼過ぎになって、ようやく白人の釣り人がやってきて一生懸命ルアーを投げていましたが

まったく釣れている気配がない


気がつくと近くまで寄ってきて英語でなにやら話てきましたが


『 へい、きみスゴイね!いったいどんなルアー使ってんだい?』 訳)たぶんこんな感じ


『 なんだ、ワームかよ 』 ※ 雰囲気でたぶんこんな感じ



欲しそうな顔してたので1個あげましたが、プライドがあるのか使っていませんでした


でも、気が付くとガイドのサムサックさんが釣り方教えてました
バッツ 021
お前は誰のガイドだよ

まーでも気分いいのでOK


午後3時になってフラッシュJもなくなり疲れてきたので終了しました。

  大遠征の巻 (観光編)につづく
スポンサーサイト