上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。






ここのところ岸黒ゲーム(ガンクロ)ばっかり行っている森です。


いやぁ~

岸黒ゲーム、難しいです


確かに、岸黒ゲームは他の釣りとは比べ物にならないぐらい手軽に始められる釣りですが、“チヌ”を食わすには、道具と知恵とタイミングが重要ですね。

それでこそルアーゲームですよ
難しいほどウキウキする人にとっては、やりごたえのある釣りですよ




ということで、本日は、道具と知恵とタイミングの中でも、「タイミング」、に関わる情報について考案者の松村船長からいただいた情報をみなさまへ大公開!


■黒鯛(チヌ)の基本知識


黒鯛(チヌ)は岸壁に付着する、貝類、カニ、エビ、あるいは虫類などのベイトを求めて堤防に接岸します。季節によってさらに堤防周辺のゴロタ石、テトラ、ケーソンなどの間は黒鯛(チヌ)の身を寄せる隠れ家でもあり、格好の住家でもあります。自然の条件は「潮回り」「天候」「風向き」「濁り」「堤防の立地条件」などさまざまな要素が複雑に絡み合っています。




■岸黒ゲームでの潮周り


岸壁クロダイゲームの場合の黒鯛(チヌ)は、特にどの潮回りが良いということはない。それよりも潮位や潮時のほうが食いに関係します。
基本は潮位が高い時に岸壁際に寄ってきて浮いてきます。
潮位が低く、岸壁のベイトが水面より上に出ているような場合、黒鯛(チヌ)は浮かずに岸壁際から離れるか、底近くに移動してしまいます。やはり満潮から下げが狙い目です。




■岸黒ゲームでの潮色(濁り)


黒鯛(チヌ)を釣るには濁りは欠かせません。
濁っている方が魚の警戒心も薄れて、より頻繁にアタックしてきます。




■岸黒ゲームでの波っ気


波には沖からのうねりのものと、風によるものがあります。
どちらも海水を攪拌して濁りを生む要因です。岸壁クロダイゲームには好条件です。
ただし、強すぎる波はアタリもとりにくくなるし、身の危険にも繋がりますので、表面が多少波立っている程度がベストです。




■岸黒ゲームでの風向き


風も濁りを生む要因で重要です。
特に向きが大切、基本は堤防に風が当っている面を狙うのが定石ですが、厳寒期や春の水温変化に敏感な時期はこれに当てはまりません。




■岸黒ゲームでの天候(影)


曇天がベスト!小雨時はさらに警戒心が薄れる。
逆に天気の良い日は堤防際に影ができて明暗がハッキリできます。
影面を狙うのもこの釣りの定石です。




■岸黒ゲームでの時間帯


朝・夕まずめは無条件に釣りのチャンス!
まずめ時に潮位の条件が重なれば、さらにチャンス拡大です!




■岸黒ゲームでの狙い場所


堤防の変化があるところはポイントになります。
ケーソンであれば継ぎ目や、潮の当たる場所、風の当たる場所、影が出きる場所など、他にも壁際のベイトが良く付着している場所など目にはみえないものでも底の変化のある部分や細かな変化を見つけることが大切です。





ふむふむ。

これらの情報をもとに、興味のある方は岸黒ゲーム、気軽に始めてみてくださいネ。

森は、もうすこしチヌ釣れるよう、さらに釣行回数を重ねて鍛え上げていきたいと思います





    


ガンクロに必要な情報まとめました!click!


  


▼ポチッと願いします

にほんブログ村 釣りブログへ








スポンサーサイト
marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。






先日ガンクロ釣りへ行ってまいりました



■ガンクロ釣りのタックル


先日拳王様に聞いたとおり、まずは自分の持つエギングロッド(16 セフィア エクスチューン S806M)をチョイス。
【参考記事:ガンクロにオススメのロッド!考案者&拳王さまに聞く・・】

リールは、2500番リールにPE0.8号(去年巻いたエギング用ラインそのまま)。

どんな場所にいくか未定だったので、リーダーを太めの1.75号にして、FGノットでセッティング。


■ガンクロ釣りの仕掛け



<針>

【オーナー】ウルトラ競技
チヌ
ワームのサイズ感も、チヌのサイズ感もわからないので、とりあえず 2号、3号、4号を1袋ずつ購入!


<ガン玉>

【カツイチ】
チヌ専用オモリ
B、2B、3B、4B(0.55~1.25g)を1袋ずつ購入。
釣行日は風が強い予報だったのもあり、4Bも買っておきました。


<ワーム>
大昔、キビレをボンボンで狙っていた頃に買った、バークレイ バルキーホッグをカットして使用。
バークレイバルキーホッグ


ガンクロ釣り01
まずはチヌ針3号+ガン玉Bで開始。
刺し方はよくわからないので適当・・・こんな感じ。



■ガンクロ釣りへGO~!


チヌが狙えるのは大阪湾全域。
ざっくりいうと、神戸~大阪周辺ならどの波止でもOKだそうです。

狙うはイガイが付いているポイントを探す。

ガンクロ釣り02


垂直岸壁に見えて、実は水中でくぼんでいたりするときもあり、
この場合は、ちょっと釣りにくいらしいので、
ガンクロ

こういう場所を選ぶとよいそうです。
ガンクロ



あとはただただ、延々とルアーをフォールしていきます。

普通のスピニングリールなので、完全フリーフォールだとアタリはラインの変化でしか取れないし、かといって竿の扱いだけで自然とフォールさせるのも難しいやん・・・


立つ向きを変えたり~~

落し方を色々変えたり~~~


1mぐらいずつ横にずれながら、とにかく黙々と落とします。





黙々・・・




黙々・・・




黙々・・・



ハァ、釣れん・・・



見えチヌいっぱいいるのに・・・・

ガンクロ

しかも40オーバーいっぱいいるのに・・・・

ガンクロ


チヌ釣り師には定説ですが、「見えチヌ」は釣れません。。
でも狙ってしまうのが釣り人の性。



ジャリッ・・


ん??

足元を見ると、イガイの屑が・・・・

ガンクロ釣り06



プ~~ンと異様なニオイがしますが、ここは背に腹は代えられぬ。

いそいそ。

ガンクロ釣り07

乾ききったイガイをチヌが食べるのかどうかは『』ですが、何事もチャレンジです。





黙々・・・




黙々・・・




黙々・・・



ハァ・・・・・・



臭くて結果のでないイガイを諦め、もう一度ワームに戻します。

チヌは想像以上にシビアな魚のようで、人影があるとサッパリ食わないですね。

ちょうど風が出てきたのもあり、見切られ切った足元ではなく、対岸の岸壁にワームをキャストし、流れを活かしてふわ~っと流していると



グンッっっ


えっ!



エエエエ!!!!



そこからは無我夢中!
記憶にありませんが、無事ランディングに成功しておりました


ガンクロ釣り12



ヤッターーーー!!!

やりましたーーーー!!!!




ガンクロ釣り08

見えていた40cmには届かない39cmでしたが、グッドなマチヌや~ん


うれし~~~~~っ!

大声が出てしまったので、近くにいたチヌ釣りのおじさまにも「よかったね」と褒めていただきました
ありがとうございます





そのあとも頑張りましたが、風が強くなりガンクロは断念。。。

悔しいので、カニまで投入して粘ってみましたが

ガンクロ釣り04


キビレ1匹のみの追加で終了。
ガンクロ釣り05



<ガンクロ釣りまとめ>

いやぁ、ガンクロ難しくってオモシロいです。

ヒットに持ち込むのはそうそう簡単ではありませんが、やっぱりチヌの引きは最高です


もっとランガンしたら釣れたのかしらん
ガン玉の重さを変えれば、もっとアタリが出るのかな
ワームの色やサイズを変えれば何か変わるのかな


まだまだ謎だらけ・・・・ゲーム性、高いと思います




みなさんも大阪湾全体にたくさんいるチヌを、手軽に狙ってみませんか


    


ガンクロに必要な情報まとめました!click!


  


▼ポチッと願いします

にほんブログ村 釣りブログへ









marik_summer.gif

こんにちは!スタッフ森です。


ガンクロとは


「ガンクロ」とは、「岸壁(がんぺき)クロダイ」の略で、岸壁に潜むクロダイ(チヌ)をルアーで釣る釣り

こ~んなルアーで、こ~んなカックイイチヌを釣っちゃうんです。
ガンクロルアー ガンクロ


わたくし、先日よりガンクロを始めましたので~

考案者の松村船長からいただいた情報、また、ガンクロ初心者のわたくしが個人的に知りたい情報を集めてご紹介しますので、 皆さまの、ガンクロを始めるとっかかりになれれば嬉しいです

今回のテーマは 「ガンクロ オススメのロッドって!?」



◆ガンクロにオススメのロッドって?!


まだまだ専用ロッドなどが出てない新釣法「ガンクロ」ですが、どんなロッドが合うのでしょうか。

まずは、最近テレビや雑誌で見る機会も多い、考案者である松村船長からの情報をまとめてみましょう。



基本は9ft前後のシーバスロッド
とりあえず専用ロッドを買う前に、手持ちのロッドから良さそうなものを探しましょう。基本は、9~10ft前後のシーバスロッドがおすすめです。足場が低ければ7~8ftのメバリング・チニング・エギングロッドでもOK! 近年各メーカーから専用ロッドも発売されていますよ。

オススメロッドはこちら。
シマノ ブレニアス S708L
シマノ ボーダレス 300MLS-T 380M-T 495M-T B320M-T
シマノ エクスセンス 903L・M/F
プロックス マルチグラヴィス 310ML T




ふ~む、なるほど。
もう少し詳しく聞きたいので、これをもとに、もう数年前に、様々なチヌゲームをやり切ってしまわれた、我らが拳王様(リンク先は現ガンクロ釣行の記事。ぜひ見てね)のアドバイスを聞いてみましょう



9ft前後って言われますが、オカッパリアングラーのわたくし的には少々長めだなという印象です。なんで長めがイイんですか?



探る棚は基本的にイガイが付いている水深50㎝~1.5mですので、短いとその棚を探れないし、目印を使用した釣りでは仕掛けが2.5~3m+ハリスと長いので9くらいでないと扱いづらいので。

また、風が強い場合などは防波堤の足場が高い場合などロッドを上げると仕掛けがあおられるので、長めのロッドだと、出来るだけ水面付近で操作できるから。



沖堤とか足場の高いところは長い方がイイということなんですかね。足場の高くない漁港などなら8ft前後でも全く問題ないと思っていいですか?



まったく問題ないです。



7ft台のロッドしかない場合、7ft台ロッドを使う時に気を付けたらいいことってあります?



広く探ろうとめいいっぱい腕を上げた状態から落とすと、上層でアタリが出ると合わせが効かないので、目線から落として少し屈みながらイガイの層の下まで落とすと合わせやすいです。



ロッドの固さは何がイイんですか??松村船長が選んではるのは、私のチヌゲームの印象よりも、やわらかいL~Mって感じですが。



目印を使ったり、ラインでアタリを取るなら柔らかくても大丈夫!でも、竿先でアタリを取って掛けていくなら穂先が柔らかく、バットは強いロッドが有利です。



なんでやわらめがいいんですか



ポイントにもよりますけどね。普通の防波堤ならやわらかいロッドでもよいですが、スリットや障害物がある場所なら強引なやりとりが必要となるのでパワーがある方がよいです。



ガン玉の重さでリールが勝手に回転して、スムーズにフォールできればベストですが、実際はロッドを上から下に下げてフォールを演出させる場合も多いですよね。そういう時は、長さは当然長い方が当然いいんでしょうけど、固さに関しては、やわらかい方がいいとか、固い方がいいとかあります?



たしかに本来のヘチ釣りのリールは回転性能が高く、ガイドセッティングもガン玉の重みだけでフォールできるようなタックルになってます。
こういうの。


ロッドのみでフォールさせることだけを考えると、確かに長い方が有利ですが、基本アタる棚は1m前後。そこまで長いロッドは意味がなく、感度・あたりへの反応が落ちるので、棚を探れるなら短い方がいいです。



B~3Bぐらいのガン玉を使うわけじゃないですか。0.5gとかでしょう。シーバスロッドやエギングロッドでは、当然スペック的には対応外ですけど、落せれば問題ないですか?



大きく考えればどんな竿でもガンクロの釣りはできます。ただ、目印を使わない場合は、竿先アタリをとらないと。となるとやっぱり穂先の感度がかなり重要。



最近、チヌ専用ロッドも出てきてるじゃないですか。ガンクロ専用ではないですけど。あーいうのはどういうとこが特徴なんですか?



チヌ釣りはトップからボトムズルビキなどいろんな釣り方があるので、ロッドの特徴もさまざまですからねぇ~。



シーバスロッドやエギングロッドよりも、やっぱりチヌゲームには向いてると思っていいですかね?本気でガンクロやるなら、やっぱりチヌロッドがオススメ??



ガンクロに関していうと、今ならソリッドティップのエギングロッドがベストかな?アジングロッドのパワーのあるタイプもオススメですが。個人的には、【シマノ】16 セフィア エクスチューン S806MLSとか 、【ブリーデン】グラマーロックフィッシュ TX77 despoil(短いですが)こんな感じがベストかなー?

とりあえず手持ちのロッドで初めてみて、感覚を掴んだら自分(釣行場所)に合うロッドを選ぶのがいいです。



ふ~む。なるほどなるほど。“釣り場所”や、“どういう点で楽しみたい”かにもよりそうですね~。ではワタクシ、手持ちのエギングロッド(16 セフィア エクスチューン S806M)でまずはやってみます!!

まぁでも・・・手持ちのロッドでやってみて、釣れなかったら間違いなくロッドのせいにしちゃうだろうな~~。なんか他にアドバイスください!



●フォールの釣りなので、風が一番の難敵となります。風が強いときは、ガン玉(ジグヘッド)を重くし、ラインがあまりふけ過ぎないようにする。

●また、風に向かって釣りをすれば仕掛けが扱いやすく、フォールも自然になる

●魚は表層に浮いているので、出来るだけ魚に姿を見せないようにして警戒心を与えない

●夢中になりすぎて防波堤の障害物などに躓いて落水しないように



なるほど!確かに夢中になったら落ちそうやな・・・気を付けて行ってきます







▼ポチッと願いします
にほんブログ村 釣りブログへ




ガンクロ特集ページできました!








marik_summer.gif

こんにちは!スタッフ森です。


「ガンクロ」ってご存知ですか!?



「ガンクロ」というのは、「岸壁(がんぺき)クロダイ」の略で、岸壁に潜むクロダイ(チヌ)をルアーで釣る釣りです。

こ~んなルアーで
ガンクロルアー

こ~んなカックイイチヌを釣っちゃう
ガンクロ


まだまだ新しい釣法ではありつつも、去年よりジワジワと知られてきている釣法です。

キーワードは3つ。
「超手軽!」
「強烈な引き!」
「高いゲーム性!」

ボンボンゲームとも、ポッパーゲームとも違う、年中&昼間にできるルアーゲームです


「ガンクロ」にチャレンジしてほしい理由!


ルアーマンのみなさん、チヌってルアーで釣ったことありますか??

ボンボンゲームやポッパーゲームなどもありますが、チヌを狙ってもキビレの方が多かったりしませんか??

そう、この釣りは、もっともっと簡単に『チヌ(マチヌ)』が釣れるんです

特にシーバスマンの皆さん!
ソルトルアーマンの皆さん!

これらの方にはとくにオススメします



なぜなら!!


①いつも持っていく荷物にプラス、ガンクロ用のルアーケースを1つ、一緒に持っていくだけだから

②本命を狙うタックルを(ほぼ)そのまま使用できるから

③釣りにくい時間(昼間)に釣れる釣りだから←個人的にオススメな一番の理由


そして何より、チヌの強烈な引きは最高だから



今年、ルアーマンの間でさらに流行ること間違いなしガンクロゲーム

釣果に結び付く様々な情報を考案者である松村船長からいただいていますので、随時公開していこうと思います

そして私も早速釣行してきたいと思いますので、リアルタイムに楽しさをお知らせしていこうと思います



ガンクロのタックルについて

(↓これから公開していきます!!)
ガンクロにオススメのロッド
・ガンクロにオススメのリール
・ガンクロの仕掛け
・ガンクロにオススメのワーム



ガンクロでの釣り方!

(↓これから公開していきます!!)
・狙うポイント
・潮周り
・潮色(濁り)
・波っ気
・風向き
・天候
・時間帯
・アタリ
・フッキング
・ランディング





今ならまだそこまで周知されていないガンクロ。

今まで釣り場で見つけても、手も足も出なかったあのチヌを釣る手法=ガンクロを手に入れておきましょう

私も、誰よりも先に釣れるようになって、みんなに自慢しちゃいたいと思います



▼ポチッと願いします
にほんブログ村 釣りブログへ



    


ガンクロに必要な情報まとめました!click!


  







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。