上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
最近、冷凍食品ばかりつめた弁当は飽きてきた、はっとり君です。

サバが釣れたとの情報を聞き、
「おお、やっとサバの群れが今年も入ってきたか?」
とわくわくしながら、いつもの 魚英 さんへ出撃。
info_pict_002b[1]



天候は晴れで波は穏やか。
絶好の遊覧・・・いやジギング日和です。
DSC_0092_201607030403150b9.jpg



ですが・・・
結果から申しますと、サバ釣れませんでしたー  (T_T)
釣れたのは、ぐうぜんジグにかかっていたキス一匹だけです。

というか、サバは船全体で三匹しか上がってませんし。
少し・・・見誤ったか?

「まぁ、はしりの時期はこんなもんだよねー♪」
と、なんとか焦る気持ちを抑えながら一生懸命ジグをしゃくりました。

もう、後が無い。
わずかな時間だけ残されたタコタイムにすべてをかけるしか・・・
悲壮な覚悟でタコ釣りのセッティングを始めます。



結果から申しますと。

上出来でしたー!
DSC_0094.jpg

(持って帰ってからの写真ですいません。
 だって、写真撮る時間が惜しかったんです。
 タコが網から脱走しようとしてたし。)

短時間ではありましたが、十匹ぐらいは取れました。

ああ、よかった。
手柄を何も無しで帰ることにならなくて。

そんなこんなで、ジギングではなく、
筋トレ&タコ釣りでした。


考察タイム

一時期、真子ばかりがあふれてタコが釣れにくかったですが、
ある程度育ってきたのか、そこそこのサイズが上がってきました。

最初使ったのは、タコテンヤ50号にタコの恋人(バケツブルー)でした。
アシスト工房DSC_0093.jpg

いや、これがなかなかのもので、ぬーんとタコがよく乗ってくるんです。
生エサ並みにタコの反応はすごいです。

「わかる。 僕にもわかるぞっ! 今タコが乗っている。 そこだっ!?」
・・・・・
バレましたー

ただ、テンヤの種類にもよると思いますが、どうもかかりが悪い。

そこで、タコ餌木に変更。
いまトレンドの餌木二個付けです。
DSC_0096.jpg
墨族
蛸墨族の25グラム。
カラーは定番イエロータイガーとオリカラの菜の花です。

いやー、やっぱり黄色は抜群に効きますねー。しかもダブル黄色。
みなさん、だまされたと思って黄色を買ってください。
ほかのカラーとは何故か違う釣果を叩き出してくれます。

おっと。

気づかれましたか? そんなあなたはお目が高い!
写真をご覧ください。
上のタコ餌木の針が多くないですか?


そうです、ちょっと改造しています。

手作りタコテンヤ用の別売りカンナがあるのですが、
それを餌木の背中にネジでグリグリと留め、
さらにタコの強烈な抵抗にも耐えれるように、針金で固定しています。
こんな感じ。
DSC_0099.jpg

単純に、「針の数を増やせばタコのかかりが良くなるやろ?」
的な考えで作ってみたのですが、

想像以上に乗りますよ。マジで

今回はこのセッティングにずいぶんと助けられました。
なんでもやってみるもんですね。


皆さん、タコ釣りは面白くないなどと思っていませんか?
意外や意外、奥が深くいろいろやってみる事のできる楽しい釣りですよ。
タコ釣りはこれからが最盛期。
一度体験してみてはいかがでしようか。

ではまた、にんにん。
スポンサーサイト
にほんブログ村 釣りブログへ
全国の楽しい釣りブログ集はコチラをクリック!!


こんにちは、
クラッシャー川口です。

6月18日 明石 タコつりに行ってきました!

今回お世話になった船は、

明石林崎漁港から出ている、 釣り船 きもと さんです。

AM:5:00 たくさんの釣り人がこられていました。

今回2回目ですが、前回の記憶があまりありません・・・・

果たして釣れるのだろうか、

AM5:30 出船!

P_20160618_055109.jpg

今回はPE3号、リーダー40ポンドでしたが、

周りの方の仕掛けをみてみると、リーダー100ポンドぐらい太い糸をつけていました、

聞くと、タコを強引に引っ張るのはこれぐらいないとダメだそうです。

『これでも不安やわ!』 なんて言ってました 

まじっすか・・・・・



まもなくポイントに到着!
P_20160618_055102.jpg


みなさん仕掛けを海の中に落とし、そこに付くと、

竿先を シャカシャカシャカシャカ

水深10Mぐらい、潮の流れは ほぼ ありません。


前回は船が流されていたので、仕掛を引きずっていたイメージでしたが、

わたしもみんなの真似して、

シャカシャカシャカシャカ

そうしているうちに、 ぬう~ っと違和感があり、

引き上げてみると、

あ、 タコ ついてた。
P_20160618_094126.jpg



中にはタコエギ 2個 付けでがんばっている方もおられます。
写真は写していませんでしたが、
こんなかんじ
DSC_0020-300x168.jpg


キラキラテープを何段もつけてる人もいました
なんでもありなんですね・・・(笑)


どうやら、こうやら、続けていると、
そこそこ釣れたかんじに
こわっぱ ばかりですが。。。(汗)
P_20160618_091700.jpg


10時過ぎ 潮が早くなり、
今日いち 大物が釣れました!

潮が早くなると、小さいタコは流されるので、エサどころではなかったようです。


12:30分 潮が早すぎて釣りにならず、ストップフィッシング

釣果は 17匹でした。
P_20160618_164908.jpg


早速、クックパッドを参考に、
タコ刺し、タコ飯にして食しました。

かなりうまかったです!

クックパッド こんな僕でもおいしく作れる!
偉大です!


おわり
こんにちは、拳王です
そろそろ世紀末がくる予感がします

今回は、スタッフ8名の大所帯でシーズンインの明石タコを満喫してきました

明石と言えばタコ

ブランド明石タコはキロ3,000円は下らない

30杯も釣れば元は取れるどころか、小金持ちになれるシーズンなのです

なんやかんやで朝4時に東二見漁港に到着

今回お世話になったのは、釣り船『西海丸』

3隻で100人くらいは乗れる釣り船屋さんなのですが

平日というのにほぼ満船
s-1464847017109.jpg

みんな一攫千金狙いだと思うとなんだか目が血走っているような・・・



色々用意している間に夜が明けて5時出船

ポイントまではほんの10分程度
s-1464847606428.jpg

当日は天気が良かったのですが風が強く、今回初船釣りの新人 田邊さんは

いきなり水ジブキを浴びて テンションダウン


・・・・釣行前の事務所での会話・・・・

『 いや~タコ釣りやったら、一人10杯は堅いでしょ!』
『竿頭は30杯で、シーズン中盤なら100杯釣る人もおるしね』
タコなんて、底でトントンしてれば勝手に重くなってるから、初心者でも難しくないよ』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出船前に、船長が

『 朝一が勝負やで~』

ポツリと呟いていたので、気合入れての一投目
s-1464847005009.jpg


※ 『 チョンチョン 』

※ 『 チョンチョン 』

※ 『 チョンチョン 』

※ 『 ・・・・・ 』

※ 『ハイ上げて』

※×10回 (約2時間)



何ということでしょう

周りで何とか釣れているもの100gにも満たないチビッ子サイズ


その後は記憶がありません

アレヤコレヤ試しましたが、ふと気が付けば帰港

足元の生簀にはイイダコ?みたいな捕虜が5杯

そして初挑戦の田邊さんは2杯
s-1464847596211.jpg


記憶を抹消しようと、帰りに明石焼きを食しましたが
s-1464847058657.jpg

一言

タコ釣りはもういいです 』

今日は日本から釣り人を1人減らした1日でした



今回の反省点は
タコの新子が出てきたので、サイズを上げようと終始テンヤで狙ったが、
周りをよくよく見てたらほどんどタコエギで釣っていた
さらにテンヤに乗ってきても小さすぎてアタリが解らず
離していた気がする

これを踏まえて次回リベンジに行ってきます
s-1464847098247.jpg
チーン


どうも、ハットリ君でござる。

blog_import_5113713190ec7.jpg


前回に引き続き鯛ラバです。
今回はタコもやりました。

まいどお世話になりましたのは「魚英」さんです。
info_pict_002.jpg


釣りに集中していたため写真がほとんどないのですが、
臨場感だけでもお伝えできればと思います。

鯛ラバからスタートですが、
相変わらず小さなアタリはあるものの、なかなかヒットしてくれません。

それでも前回と同じく、
クリアーオレンジのラメ入りネクタイがよく反応します。

もちろん使っているのは ビンビン玉 です。

おっと、後ろでやっていた方が大きい鯛を一枚あげました
が、
その後が続きません。


続いてタコタイム。

今回はタコエギをメインにしました。
使ったのは蛸墨族です。
最近は、これが流行ですので。

竿は、今売れに売れている、
沖釣工房 餌木タコLTD」です。
柔軟なティップがタコのあたりを逃しません!
なおかつ、
強力なバットがタコの重さに負けません!

しかし、
最終的にとれたのはたったの四匹でした。
自分の力の無さを痛感します。
船頭さんには
「君は糸を出しすぎや。」
といわれました。

ですが!

このままでは終わらないっ!

再びタイラバタイムへ。

タイラバ投下。
着底。
マキマキ・・・

ゴゴゴッ

うおお、
いい引きだ!

上がってきたのは40オーバーの明石鯛。

タコには見放されたが、
タイは見放さなかった!

この後、

怒涛の三連発!!!

やはり、
タイラバの釣りには真理がありますね。

「信じて巻け!」

これにつきます。


DSC_0077.jpg


考察コーナーです。

タイラバは
明石大橋西のポイントでは、クリアーオレンジ系がよさそう
巻きスピードは比較的早くてもいいかも

タコについて
アタリカラーが明確に出た!
ズバリ、
イエロー!
これに明確に乗ってくる
しかも、2個つけがベスト
こんな組み合わせがよさそう

DSC_0082.jpg

とか

DSC_0081.jpg

とか

でも、
この組み合わせはダメだった

DSC_0083.jpg
なんでだろう???


やはり、
イエロータイガー効きますね!

いろいろと勉強になった釣行でした。

ではまた、にんにん。







※ ジョブチェンジしてハットリ君になりました。
2015.07.14 タコタコ
こんにちは、最近ようやく釣りに行くペースが人並みに上がってきた拳王です。

しかし、このところ店舗の新人君達の無謀な釣行スケジュールを見ながら
若かりし自分を重ね合わせ、今の自分の不甲斐なさを実感しています・・・


・・・・




・・・・




いや、今一度あの頃のように、

変態と呼ばれていた頃のように、

もう一度花を咲かすぞ~



まー、意味は良くわかりませんが最盛期を迎えた明石の船タコに行ってきました

今回はリタックルさんにおじゃまして

午後からの出船。午前便の釣果はいま一つでしたが、まぁなんとかなるでしょう。
s-KIMG0264.jpg




明石港を出船して走ること15分。淡路島が近くに見えるポイントに到着。

まだ、潮が速いということで浅場のポイントを転々と移動しながらタコを探します。

タックルは

タコテンヤ+手羽先
  ロッド : 【ノリーズ】 ヴォイス ロードランナー タコ改造Ver
  リール : 【シマノ】 オシアジガー1500PG

●デュエル タコやん
  ロッド  : 【エバーグリーン】 スロージャーカー603-3
  リール ;【ダイワ 】 リョウガBJ 2020PE-H


テンヤとエギのダブルで狙います。
s-KIMG0262.jpg
s-KIMG0269.jpg



移動、移動、移動、移動、移動・・・・・・・・・・・

移動、移動、移動、移動、移動・・・・・・・・・・・

移動、移動、移動、移動、移動・・・・・・・・・・・


どんだけ移動するね~ん!!

全くと言っていいほど反応なし!

悪い情報を聞いて予想はしていましたが、これほどまでに反応が無いとは、、

時折引っかかってくるのは
酢の物の材料のワカメのみ
タコが無いとキュウリとワカメのみになってしまいそう。




あれこれやっているうちにもうすでに2時間が経過。

同行の3名もまだ全員坊主





夕方に潮が緩んで時合が来るとわかっていてもやはり焦りが出てきます



不穏な空気が流れる中、ようやく同行者が1杯目をゲット!
s-KIMG0266.jpg

したらば、邪気が消えたのかコンスタントに乗りが続き
s-KIMG0267.jpg
s-KIMG0272.jpg

二刀流でダブルヒットの荒業もかまし(タコのダブルはかなり焦りますのでやめた方がいいです)
なんとか2ケタの13杯で終了でした
s-KIMG0270.jpg


最後にコツとしましては

潮が速いときは、テンヤ(エギ)が底をズルズル引きずるとタコが乗るタイミングが無くなるので
少し引きづると潮下にロッドを向け、底でテンヤを少しステイさせる。
これだけでかなり釣果が変わってきます

また、最近はエギ(スッテ)に三又サルカンなどでオモリを付けたもの
s-KIMG0268.jpg
などでゲーム性をアップさせているので、ルアーマンでも十分楽しめます!


まー大した釣果ではありませんが、最盛期には一人100杯以上の釣果も出る
船タコ!一度試してみて下さい




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。