にほんブログ村 釣りブログへ
全国の楽しい釣りブログ集はコチラをクリック!!


こんにちは、クラッシャー川口です。

7月25日 イカメタルへ行ってきました。

前回の釣行の確認すると共に、更なる大量を期待して大剣求めて鳥取へ!

今回お世話になった船は 新北斗丸。

P_20160725_171120.jpg


18:00 出船!

まだ明るいうち、早々に1パイ GET!
なんて美味そうなイカなんでしょう!
お店の水槽に泳いでいたら、間違いなく5000円以上!
P_20160725_191057.jpg

あ~ ビールがほしい~

入れ食い状態ではありませんでしたが、ポツポツ釣れておりました。


明かりが灯り、さあ本番です!
P_20160725_191609.jpg

いきなり怒涛の3パイ、続けてのHIT!

クーラー満杯を期待しつつ、その後は、








ち ~ ん ・・・・




つ ・ 釣れない・・・・・


そういえば、小魚が集まっていない、、、、


前回教えていただいたつり方を思い出し、

なんとか 2ハイ GET、
P_20160725_203056.jpg


今日のクーラー、デカすぎだよ と思いながら、

そのまま深夜に突入。


あまりにもヘボヘボだったのか、

船長が寄ってきて、アドバイスをいただきました。

アドバイスどおり、仕掛けを変更。


40号のシンカーを着けて横に1Mぐらい枝をのばし、2.5号のエギでやってみました。


なんと、 釣れるじゃないですか!!


今までやっていたのは、20~30号のメタルスッテを下に、その上に浮きスッテをつけていたのですが、

流されていたのでしょうか、仕掛けが横に向いていたのかもしれません。

そういえば前回イカは縦の釣りだから、横向いてたら釣れない!

と言ってたのをおもいだしました。

あと大物狙いすぎで、底ばかりで全体を探らなかったのもいけなかったのでしょう。

その後順調よくつれ、なんとか20パイはGET!

求めていた大剣も 2ハイ GETできました。
一応タバコは、ロングサイズです・・・(笑)
P_20160726_045440.jpg

また新しい発見が出来ました。

最近の釣果はあまりよくなかったそうですが、

やり方次第で釣果が変わるので、迷ったら素直に船長に聞くのも良いでしょう!

また挑戦してみたいと思いました。



おわり
スポンサーサイト
marik_summer.gif



 こんにちは!スタッフ森です。






しみちょこさんがイカメタルでイイ釣果をだしていましたね~。

鳥取ではイカの釣果が急上昇!!とのことで、
仕事帰りにサクっと、夜便で行ってまいりました!

20時に神戸を出発!
ちょっとzzz....としている間に22時すぎ、鳥取着。

戦闘前の腹ごしらえに、ハンバーグをいただく


23時半、鳥取港の遊漁船、久幸丸さんへ!
鳥取イカメタル

▼久幸丸さんのHP
http://kyuukoumaru.com/
▼釣果ブログ
http://ameblo.jp/kyuukoumaru/


夕方便はそこそこの釣果が上がったようで、期待

0時頃、出船です


タックルを用意します。今回私が使用したのは、



【ロッド】シマノ セフィア SS メタルスッテ B606M-S(ベイト)
4969363364517.jpg


イカ先生こと、富所 潤氏の説明によると(詳しくはこちらのイカ先生のブログで
ショートソリッド掛け調子ベイトモデル
超しなやかな[タフテックα]を短めにセッティングし、ベリー~バットには適度な張りとパワーを持たせた掛け調子設計。MAX25号までのスッテやオモリグをレスポンスよく自在にアクションさせ、イカのいる棚を探り、積極的に誘いをかけ、アタリがあれば瞬時に掛けにいくことが可能。クイックなアクションを演出することが得意で、速めの展開に持ち込むことを可能とした攻めの釣りを追求したモデルです。
こちらはCI4+でいうところのB606-MS、表記も同じですね(笑)
どちらかというと掛け調子のロッドなのでやや操作性重視になります。また、重いリグを使用する際はロッドが強い分、扱いやすく感じるでしょう。
潮が速いエリアは最初からこちらを選んだ方が良いでしょう。




【リール】シマノ バルケッタCi4 200HG 右巻き
4969363032096.jpg


イカメタルには有利なカウンターリールです!
釣果を伸ばしたい方にはカウンターがぜったいオススメ!


【ラインシステム】PE0.6号+リーダー2号(1mぐらい)

【リーダー】がまかつ イカメタルリーダー2号

【鉛スッテ】20号~30号(75~115g)

【浮きスッテ】飽きやすいらしいので、色・形状ともに様々あるとベスト!



灯りが点灯し、戦闘開始
鳥取イカメタル



深さ50mぐらいのポイントにて、
まずは35mラインからスタートします。

最初の慣れない時間帯は、
20号の鉛スッテの重みに潮の流れが当たると、
まるでイカが抱いているような重みに感じますが、
ここは勘違いを恐れず、合わせていきます


すると2投目で違和感

鳥取イカメタル

来ました!
小さいけどうれしい1パイ目!

めちゃ喜んでいると、隣で拳王様がすぐにゲット!
胴長30cmオーバーはある良いサイズ
(雨のため写真が取れませんでした)

「ケンサキイカはでかいヤツほど底です」

さらに三宮店徳岡氏にもいいサイズ

鳥取イカメタル


ということで私も、47m~50m付近を探り探り・・・・・

鳥取イカメタル

鳥取イカメタル

小さいのばっかり・・・・・
不思議です。

このサイズが釣れるタナを諦めて、
別のタナも探りさぐり。

アクションもいろいろとやってみます。
・パパパパパッと竿先をしゃくった後にピタッと竿を止める
・パパパパパッと竿先をしゃくった後に竿を上げ、ゆっくりとおろしていく
・ピッ、ピッ、ピッを竿先を少しずつ上げながら止める
・竿を大きくしゃくり、段々におろしていく
・な~にもせずに船の揺れに任せて待つ



正直アクションはどんなのでもいいと思います。
その日の反応のよいものを探すのが大事


※説明が下手なので、詳細はこちら参考




この後もやることは3つのみ。
タナをさぐり、アクションを変え、スッテを変える。
(私はスッテはほぼ変えず)

45m!

30m!

13m!

50m!

35m!

釣れるレンジは様々です!

反応があったり、なかったりを繰り返しながら・・・・

07-1467081500594s_20160704094227bd2.jpg



本日の最大!?胴長38cm!
鳥取イカメタル
(一度やってみたかったイカ持ちで

このサイズは、かなり引きました
鳥取イカメタル
(他とのサイズ感の差がハンパない!)

引きが重たい時は、サイズが大きいか、
食腕だけでスッテを押さえているかの
どちらからしいです。

食腕だけの場合は、テンションをかけすぎると
すぐに外れてしまいますので、丁寧に上げましょう


AM5時頃まで頑張って、3人で

鳥取イカメタル
(一部、船長さんからいただきました

私は22ハイ。
サイズは、胴長25~30cmが多かったかな。

船長さんに報告すると、まだまだもっともっといけるよ!
ということでしたので、また来週リベンジに行ってまいります


スッテを丸食いしてきたこの方もお持ち帰り
鳥取イカメタル
(カマスさん)


帰ってから、刺身・炒め物でいただきました
刺身&カマスの塩焼きの写真を取り忘れましたが・・
鳥取イカメタル

個人的には、かるく炒めるのが一番好きです



イカメタル。

初心者の方もかなり簡単にチャレンジ可能です
荷物も少なく、スッテのロストもかなり少なく、
おいし~~~いイカが釣れますので、
ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね♪♪


帰る時間ぐらいにはちょうど、
あのスターバックスが開店していますので(7時オープン)、
朝のおいしいコーヒーを飲むのに丁度いいですよ
鳥取スターバックス




▼ポチッと願いします
にほんブログ村 釣りブログへ





ごきげんよう。
またしても、しみちょこです。


「鳥取いく?」
と軽々しく仰られたのは、お察しの通り「職業釣師」山本氏。
コンビニ感覚で足摺岬にいく彼にとっては
鳥取(笑)といった感じでしょうか?


「この前は3人で130杯ほどつれた!」
というイカメタルに4人で向かうことに。


神戸から2時間半程かけ、賀露港は久幸丸さんへ。
5時に出船し、10分ほど走りポイントに。


アンカーを打ち、スタートフィッシング!

IMG_3486_20160619174415bbe.jpg

山本氏は手始めに
かるーく、赤エイをゲット。
彼ぐらいになると、スッテでも簡単にエイを喰わせます!

IMG_9591_201606191743196f5.jpg


仕掛けは30号の鉛スッテ。中間に2.5号の青いエギを二つ。
竿はライトゲームCI4 73M200。リールはイッツの150番。


しかし!アタリが一切ない!
嫌な記憶が甦ります。

2年前。
イカメタル
釣果3杯。(内1杯は寝ながら釣ったので記憶にない)





しかし、しかし、今回は違います!
なんせ鳥取です。釣れている鳥取ですもの!

暗くなり、灯りを焚き始めると・・・

IMG_7204.jpg

一気に釣れ始めます!

そこからは、
竿を叩いてみたり
タダマキしてみたり
ほったらかしてみたりで
数を増やします!

IMG_6157_20160619174316ad9.jpg

アクションは変わるものの、
ヒットするのは常に底から数メートルの層。

平均サイズは胴長30cmほどですが
大剣と呼ばれる大型も混じります。

当日の最大はもちろん山本氏がキャッチ。
胴長40cmオーバーです。

IMG_3573_20160619174417846.jpg

終ってみれば、4人で160杯程の釣果!
私は32杯、山本氏は55杯!


次は磯にいこう!